愛農NOAH便り

トップ > 愛農NOAH便り > 総会・収穫感謝祭 > 愛農NOAH収穫感謝祭〜2013 報告

終了しました総会・収穫感謝祭 【開催日】2013年11月 2日

愛農NOAH収穫感謝祭〜2013 報告

塔原秋のバザール

 11月2日(土)塔原で愛農NOAH収穫感謝祭が行われました。今年は天候に恵まれ多くの来場者が来られました。まさしく秋の収穫を祝う絶好の日和でした。

有機野菜をはじめ、オーガニックフード、手作り雑貨・・・たくさんの出店があり、開会宣言の前から盛り上がりを見せていました。各店もこだわりがあり、まさしく有機の里にふさわしいマーケットでした。

開会式ではまず堀田理事長から挨拶がありました。「晴天の中来てくださりありがとうございました。早くから出店して頂き感謝しています。神様が作って下さった物を調理して美味しく頂いてください。手をかけて心を込めてこだわった食料などがあるので手に取って買っていただけると嬉しいです。今日一日楽しく過ごしましょう」

そして山下社長の挨拶がありました。「日本の農業、有機農業で安心安全な物を届ける為に努力しています。近年、いのししの数が人口よりも増えている農村もあるそうです。塔原もいのししの被害があるみたいですが、今日すばらしい一日を過ごす事ができたら塔原のいのししも大人しくしてくれるでしょう。いのししが逃げるよう盛り上がりましょう。」

そして感謝祭の為に新米を提供してくださった伊賀農園さまから一言いただきました。「収穫に感謝する・・・そして本物を見抜く知恵を発揮してください!また大地の恵みに感謝し、その事を若い人に伝えて下さい!」

開会式も無事に終了し、バザールが一層盛り上がりました。お昼には新米が炊きあがり、新米のご飯を美味しそうにいただいてました。

午後からはノア畑で焼き芋が配られ、ノア畑で芋掘りも行われました。普段のノア畑とは違い子どもたちのはしゃぐ声が響き渡りました。土と戯れ大地の根源に触れ、子どもだけでなく大人も大地の恵みを感じた事と思います。ゲームもいいけれど土に触れ植物の根源感じる事も必要だと思いました。

楽しい時間はあっという間にすぎ、14時45分に閉会式が行われました。堀田理事長の言葉で締めくくられました。「今日は朝早くから来ていただいて本当にありがとうございました。今現在農業が厳しい中環境を守り、命を守る事に奮闘しています。皆様に安全な野菜を買っていただき皆様も健康になって、農業を支えていってほしいです。」

天候に恵まれ盛り上がり、楽しめたのは農家さんたちの尽力があったからこそ成功しました。

今、食品偽装がマスコミを賑わせてますがやはり本物を体験する事で本物を見極められるんじゃないかと思います。 こういった本物を与えてくださった大阪愛農センターそして愛農理事の方に感謝します。そして愛農理事が主催する収穫感謝祭は今年で終わりです。来年からはセンター主催で行います。

愛農理事のみなさまお疲れさまでした。

 

 

一覧に戻る 管理者専用